みこし・だし参加者紹介

小深町自治会

 私たち小深町自治会の神輿は、早いもので今年で6年連続の参加になります。
 小深町は人との繋がりを大切にしており、地域の皆様とより良い町内発展の為、活動を行っております。
 元気な掛け声とともに、小深の神輿を笑顔で楽しく担ぎたいと思います。


六方町自治会

 私たち六方町自治会は、今年で8度目の参加となります。
 9月末には六方祭を開催し、大人神輿、子供神輿がお囃子に先導され、町内を練り歩きます。
 賑やかなお囃子と「よーい よいやあさっと、あんりゃあどしたい」の掛け声とともに、六方町の神輿をどうぞお楽しみ下さい。


諏訪神社 浜野実行委員会

  私たちは、中央区浜野町諏訪神社、お囃子蓮、神輿愛好会です。
 浜野は、千葉市の南端に位置し、人口約7,000名です。昔の浜野は、交通の要路としての宿場町、七里法華の如意山本行寺の門前町として非常に栄えたところです。
 浜野が隆盛を極めた200年前、各町内に「山車」が3基あり、それぞれの町内を引き回すのを祭礼のメイン行事としていましたが、昭和の初期に町の人達によって「みこし」が造られ、戦争で中断されたとはいえ、四半世紀にわたり継続されました。昭和28年に建立された今の「みこし」は市内でも稀に見る壮大で立派なものと云われています。
 お囃子蓮は、千葉市郷土芸能保存会に昭和57年に加入し、大人を含めまして35名程いるそうです。
 さらにまた「みこし愛好会」の発足したのは、昭和61年で会員は65名おり、「みこし」をもむ技術の向上と10月のお祭りには全町を渡御し、伝統文化の継承と浜野町の活性化と発展に大きく貢献しています。
 本日出場の大部分は「みこし愛好会」のみんなで参加しました。


志生會

私達、志生會は1982年に同好会として発足し、今年で32年目を迎えます。当初から親子三代夏祭りに参加し、後に自分達で神輿を購入し、保存会として親子三代夏祭りに参加いたし現在に至っております。発足当初より地域及び社会貢献、青少年育成を基本理念として、活動して います。主に、地元の人々が中心となっておりますが、近年は様々な地域の方の参加も増え、活動の幅も広がりを見せています。今回、祭りを見に来られた方で 神輿に興味のある方は、気軽に声を掛けて下さい。


正喜會(辺田町内会三社神社みこし保存会)

 千葉市緑区辺田町内会(250世帯)は、大人用のみこしを作り、町内会三社神社の祭り(2011年8月例祭)に町民に披露した。
 辺田町内にある三社神社は大山咋神(おおやまくいのかみ)など3柱の神が祭られている歴史のある神社で、後水尾天皇の時代、元和3(1618)年に作られた子供みこしが修理を重ねながら現在に引き継がれている。これまでは大人の担ぐみこしがなかったため「子供みこしを土台に大人バージョンを」と、三社神社の役員で辺田町内会祭り実行委員長の戸枝喜一(正喜會会長)が、知人の松本二三夫(大工)さんにみこしの制作を依頼し、手作りみこしを作成した。
 2011年8月27日の町内祭りを迎え、中央区村田町に本部を置く神輿を担ぐ有志の会「志生會」(当時、相馬義広会長。会員150人)が、飾り付けから担ぎ棒の取り付け方など指導。数時間かけて組み上げたみこしが、午後4時に三社神社を出発。日が暮れるまで辺田町内を練り歩き、町内の人たちに披露した。
 以上の経緯から正喜會が発足し、戸枝喜一正喜會会長のもと、毎年地域活性化の為、活動している。


市原うたげ會

 第40回千葉の親子三代夏祭り開催おめでとうございます。
 私達うたげ會は、生まれたばかりの赤ちゃんから定年退職したおじいちゃんまで参加しているアットホームな会です。
 活動は千葉、東京を中心に、年間数十ケ所、大小様々な祭りに参加しています。
 担ぐ事を通じて、人と人とのコミュニケーションを大事にしていきたいと思います。
 興味のある方、是非お声掛けて下さい。


粋輿會

我々粋輿會は、市原市内の有志が団結し、活気に満ちた粋な神輿の會をつくろうと昭和55年に粋輿會として発足しました。
元来、祭りというのも一年の感謝と幸福を祈願し人と人の絆をより強く持ち、助け合うための行動です。我々も、より一層一致団結して盛り上げていこうと思っています。粋輿會の担ぎを見て、皆さんが元気を貰ってくだされば会員一同何よりの喜びであり、励みになります。 現在4代目として「粋」といういなせな言葉をモットーに、20代~40代の一番担ぎ盛りの年代の者たちで活躍しております。
毎年、5月の「浅草三社祭」に始まり、10月の上総いちはら国府祭りまでの約7ヶ月間、関東近県の大小様々な神輿場に参加し、また毎月の定例会では皆の意見を交換しあい、新しい若い会員については、担ぎ方の指導をしたり、いつも祭りと隣り合わせの生活を送っています。
今、担いでいる大神輿は、当會で所有しているものです。
我々は「神輿」を通じて、祭りという日本の良き伝統文化を次世代に守り伝え、江戸情緒たっぷりの 「神輿」を後生まで残していく事が、当粋輿會の使命であると思っています。
それでは、粋輿會による威勢のよい掛け声と、粋な担ぎ方を見てください!


千代田和太鼓

 私たち千代田和太鼓のメンバーは、現在幼児から人生経験豊かな者まで総勢55名で四街道市内の小学校の体育館で土曜日・日曜日汗をかきながら練習に励んでいます。
 今年で千代田和太鼓は14年目になりますが、和太鼓が地域の方々の心の絆となり、そして常に地域に感謝しながらこれからも太鼓演奏を通して恩返しをしていきたいと思っています。


神輿同好會 喜樂會

『喜樂會』とは読んで字のごとく、楽しく喜ばしい担ぎの会に19年前に立ち上げ、当初から三社祭り・鳥越神社などの東京祭事や千葉市内・銚子・八日市場、そして遠くは、埼玉、栃木、山梨などで神輿を担ぐ遠征の会として活動してまいりました。
 私どもの神輿は、『万灯神輿』と呼ばれる神輿で、提灯や胴に灯りが入ると胴に施された錦絵がその光に浮かび上がり、昼間より夜の方が華やかになる神輿です。
 また、普段から会員たちは稲毛の海岸などに集まり、練習用の担ぎ棒50kgの重りをぶら下げ、江戸もみの足捌きの練習を重ねております。そもそも神輿 は、一人では担ぐことはできず、みんなで力を合わせて進んでいきます。おのずと日頃から練習にも力が入ります。19年という歩みの中で、お付き合いいただい た方々や、今回の神輿渡行に協力いただいた方々のお力添えで『喜樂會』は神輿をあげることができました。そして、将来のある若い人たちにも日本古来の文化 である神輿を肌で感じてもらいたいと考えております。
 本日は、神輿は一人では担げない、みんなで力を合わせて担ぐという事を粋な担ぎと掛け声でお見せしたいと思います。みなさん掛け声、応援宜しくお願いします。


はなみこし実行委員会

 平成8年、親子三代夏祭り20周年を記念して始められた「女みこし」に千葉市女性教職員が参加したのが始まりです。翌年、千葉市の子ども達の健やかな成長と新しいふるさと作りを願って「みこし実行委員会」が結成され、「はなみこし」と命名されました。今年は「はなみこし」も20周年を記念して、大小2基で練り歩きます。  また、軽快なリズムと掛け声で「はなみこし」を盛りたてるのは、20年来お付き合いのある匝瑳市八日市場 仲町囃子連の皆様です。  八日市場の伝統の祭り「八重垣神社」の祇園祭では、10箇所の地区からお神輿とお囃子が威勢良く市内を練り歩きます。お囃子は、それぞれの地区で異なり、競い合うようにお神輿をあおり立てます。  今年もまた、仲町囃子連のリズムに乗って、「はなみこし」全力で頑張ります。


参輪連

 私たち「参輪連」は、千葉市内で活動拠点を置き、神社祭礼への奉仕を通じて、地域の文化や習慣を大切にし、地域社会に貢献する目的をもって活動しています神輿同好会です。
 担ぎ手メンバーは幼き頃より、この夏祭りの賑わいに親しみ、やがて担ぎ手として参加し、千葉市の成長と共に回を重ねる「親子三代夏祭り」を故郷のお祭りとして誇りに思っております。
 このお祭りの風物詩でもある「寅みこし」の復活を目指し、市内の同好会の皆さんの協力を得て、立派な「渡御」を披露したいと思います。

〔参加団体〕
・神輿同好會 極楽蜻蛉
・神輿保存会 愛千會(あいせんかい)
・神輿同好會 千祭會(せんさいかい)
・小深町青年会



ページの先頭